むちうちの治療方法

むちうちの治療方法

むちうちの治療方法についてです。

 

 

むちうちは自動車に追突された時、スポーツ障害など、頭部が過度の屈伸による首の組織が損傷して起こる症状です。

 

 

原因となるその衝撃の大きさによってむちうちの症状も様々です。むちうちによって頭痛・肩こり・手足のしびれ・めまい・耳鳴りなど何年も痛みに苦しむ場合もあります。

 

 

むちうちの正式名称を外傷性頸部症候群といいます。むちうちの中でも最も多いのが頸椎捻挫で首を動かしたり、押されると痛い、首の周りの筋肉や背中の筋肉の緊張、腕や手足のしびれ、頭痛にめまい、吐き気といった症状です。

 

 

また、衝撃にによって首の交感神経や神経根の圧迫によっても痛みやしびれ、頭痛やめまいなどの症状がおこります。

 

 

むちうちは外見上、レントゲンでの診断で変化を見てとれません。むちうちは整形外科などでの治療方法が必要になります。むちうちの治療方法としては一般的には頸椎カラーと全身の安静です。そして痛みが伴う場合にはむちうちの治療方法として鎮痛剤が使用されます。

 

 

その後、炎症が治まったら、マッサージや電気療法や牽引で筋肉をほぐしていくというむちうちの治療方法を取ります。

 

 

むちうちは軽度でも完全に完治することは難しく長期にわたって整形外科や接骨院などにかかることもあります。

 

 

しかし、通常のむちうちの治療方法であまりにも改善しない場合は首の骨や脳から脊髄の中に流れている髄液がもれている場合もあるので、疑ってみる必要があるかもしれません。その場合には整形外科ではなく、脳神経外科や神経内科でむちうちの治療方法を行う事になります。

 

 

 

 

 

>>おすすめのむちうち治療DVDはこちら<<