頚椎椎間板とは

頚椎椎間板とは

頚椎とは、簡単にいえば首の骨の事です。椎間板とは、頚椎を構成する小さな骨、椎骨のひとつひとつのつなぎ目である柔らかな部分のことを指しています。つまり、頚椎椎間板とは、首の骨を構成する小さな骨たちのつなぎのことを指しています。

 

 

この頚椎椎間板、一見目立たずどうでもいいような存在に思えますが、実は人体の健康に大きく関わっている部位なんです。

 

 

頚椎椎間板の中心には、髄核という部分があるのですが、これが繊維輪組織と呼ばれる保護組織の外へ飛び出してしまうと、神経が圧迫され、さまざまな悪い症状を引き起こしてしまいます。良く聞く、頚椎椎間板ヘルニアとはこのこと。首や肩の痛みや痺れ、排尿や排便の困難、手足の不如意、それが大きくなって歩行困難につながることもあります。

 

 

焼けるような痛みを感じる人も多く、とても辛い症状が頚椎椎間板のヘルニアです。同じように良く耳にする椎間板ヘルニアは、首と同様小さな骨の集合で出来ている背中に異常が起こり、腰に激痛を感じるようになる症状のことを言います。

 

 

首で起こるか腰で起こるかで、頚椎椎間板ヘルニアか椎間板ヘルニアかという名前が分かれているだけです。頚椎椎間板の異常は高齢者の病気と思われがちですが、近年では十代の若者にもその患者数が増えているといわれています。

 

 

他人事だと思わず、正しい知識を身につけて頚椎椎間板の大切さを理解しておきたいものです。

 

 

 

 

 

>>おすすめの頚椎治療ストレッチDVDはこちら<<