頚椎捻挫

頚椎捻挫

頚椎捻挫とは、首を固定している筋肉と靭帯が損傷することによる症状のことです。頚椎捻挫は一般的には交通事故などでよく起こることが多いようです。またほかにも、頚椎捻挫はスポーツなど運動の最中においてもとても起こりやすい障害なので注意が必要です。

 

 

交通事故のように突発的な自己などですと、追突時の強い衝撃で、首が大きく振られてしまうことがほとんでです。そのため交通事故の時には頚椎捻挫を発症しやすいのです。首の靭帯や関節、筋肉等が外部からの衝撃によって大きなダメージを受けることで発症します。

 

 

このような衝撃を受けるケースとして、スポーツにおいてもよく見られます。ラグビーやサッカーなど激しいスポーツなどでは選手と選手が強くぶつかり合う事で首をひねってしまい、それによって頚椎捻挫になってしまうケースが多々あります。他にも、格闘技でも頚椎捻挫になりやすく、体が倒れる際に、受け身を失敗するなどで、衝撃を首に受けてしまいます。

 

 

このようなスポーツにおいても首が振られてしまうケースなどで発症するので、頚椎捻挫の原因は様々あります。ここで、頚椎捻挫による症状の特徴のひとつについてですが、最初に内出血や腫れなどが起こり、時間の経過とともに、自然に治癒していきます。

 

 

具体的には、手足のしびれ、腕のだるさ、腕を動かした時に痛みがある、首、肩、背中などの凝りなどが頚椎捻挫の症状として挙げられます。

 

 

頚椎捻挫の治療法ですが、軽度の場合は、安静が一番です。また、場合によっては、外用薬や消炎鎮痛剤などで頚椎捻挫の治療を施します。病院では、低周波治療、温熱療法、牽引療法などで頚椎捻挫の治療を施します。

 

 

 

 

 

>>おすすめの頚椎治療ストレッチDVDはこちら<<