頚椎の手術内容

頚椎の手術内容

頚椎の手術内容についてです。

 

 

軽い痺れや痛み程度なら投薬や牽引で改善することが可能な頚椎の異常ですが、歩行困難を抱えるなど悪化してしまうと、頚椎の手術をしなくてはならなくなります。

 

 

頚椎の手術を行うと、さまざまな障害が起こる原因となりうる神経の圧迫が緩和されるので、痺れや痛みは軽減されるようになります。

 

 

頚椎の手術内容は主に三つあります。一つは前方除圧固定術といって、首の前を切り開き、椎体を削ってセラミックなどの素材をつかって固定する手術内容です。

 

 

もう一つは、後方除圧固定術といって、首の後ろを切り開き、脊柱管を構成している椎弓の一部を削って患者自身の骨を移植するなどして固定する頚椎の手術内容があります。頚椎が安定するようになります。

 

 

頚椎の手術内容の三つ目は、椎弓形成術、別名、脊柱管拡大術です。椎弓を切り開き、中に人口の骨もしくは患者自身の骨を入れることによって脊柱管を広げる手術内容です。

 

 

椎弓の開き方によってまた手術法が分かれており、椎弓の中で開く縦割式と、椎弓に切り込みを入れて扉を開くようにする片開き式とが頚椎の手術内容として存在します。

 

 

いずれの頚椎の手術内容でも、神経の炎症や細菌感染といった問題がついてまわりますので、頚椎の手術前には医師の説明と頚椎の手術内容を良く聞き、納得した上で頚椎手術に臨むことが大切です。

 

 

 

 

 

>>おすすめの頚椎治療ストレッチDVDはこちら<<