ストレートネック

ストレートネック

ストレートネックの一般的な見解について紹介します。

 

 

パソコンを使った業務が当たり前になった現代社会人。うつむきがちだったり猫背気味の人は、一昔前より格段に増えているといいます。そのような前傾した姿勢を取り続けることによって起こるストレートネックも、現代人の間に急速に浸透している症状の一つです。

 

 

ストレートネックとは、症状を現す言葉であり、病気ではありません。しかし、正常な人であれば三十度から四十度である頚椎の湾曲が三十度以下になってしまっている、というような、とても健康的とは言い難い状態がストレートネックです。

 

 

ストレートネックを放っておけば、頭痛や肩こり、吐き気、めまい、寝違い、慢性的な疲労感に悩まされることになりますので、ストレートネックの治療は必須です。

 

 

何をしても酷い肩こりが改善されず辛いという人、人に比べて上を向いているのが辛いと感じるストレートネック症状の人は、整形外科を受診するのをおすすめします。首の牽引や電気治療を行ってくれます。整体へ行ってストレートネックの施術を受けるのもいいでしょう。

 

 

ストレートネックなどの首の異常は、骨盤や足裏、足首の歪みから派生していることがほとんどなので、全身のバランスを整える施術によって楽になることが多いようです。ただしストレートネックは一朝一夕に治るものではないので、長時間のパソコン作業やそれに伴う姿勢に自ら気をつける必要があります。

 

 

以上がストレートネックの一般的な説明となります。

 

 

では、ここからは徳永英光先生のストレートネックの説明をご紹介します。首の骨を横から見ると正常な状態で前方に凸のカーブを描いています。このカーブが大事です。頭蓋骨の重量が首に負担をかけていますがこの凸カーブがあるために頚椎の負担を軽くしてくれています。

 

 

ところが現代の人はこの凸カーブが無くなっている人が増えています。この頚椎のカーブが無くなってしまっている状態をストレートネックと言います。このストレートネック状態を正常な凸カーブ状態に戻す事が頚椎治療の改善ポイントになります。

 

 

ストレートネックでは頭蓋骨の重量が首の骨に直接かかってしまうので頚椎の間にある椎間板にかかる負担が大きくなり症状が出やすくなります。

 

猫背やストレートネックの人の場合、頭蓋骨の位置が前方へ移動している事が多いです。1日中PC作業する人も増えてますのでPC画面を覗きこんでいる姿勢こそが頭蓋骨が前方へ移動する原因になりうるのです。

 

 

頚椎の凸カーブは頭からの圧力をカーブで分散します。このカーブが無いストレート状態がストレートネックです。これでは首にとても負担がかかり頚椎の椎間板が圧迫されていきます。更に椎間板の軟骨が飛び出してしまい頚椎ヘルニアへと症状が悪化します。

 

 

頭蓋骨が前方へ移動する状態はよくありません。前方に移動すると頭の重さが4〜6キログラムありますが頚椎にかかる負担が2,3倍に増えるとされています。例えばボーリングの玉を体にくっつけて持った時と体から離して持った時と比べると、体から離して持った状態の方が大変になるのと同じ理屈なのです。

 

 

頭が前方にいくほど頚椎にかかる頭蓋骨の負担が大きくなりそれによって首の後ろの筋肉や肩が凝る原因にもなります。これらの理由から頚椎ヘルニアなど頚椎症の治療ポイントは姿勢を改善する事だと言えます。

 

 

一度変形してしまうと骨自体の変形はほとんど元に戻らず、骨と骨のあいだの椎間板の軟骨も元に戻りません。MRIやレントゲンで医者からこの事実を告げられると一生頚椎症と付き合わなければならないのかと絶望される方も沢山いらっしゃいます。

 

 

でも、あきらめないで下さい。頚椎の骨自体の状態が元に戻らなくても正しい対症療法や頚椎症の原因に対しての運動療法をすることにより頚椎症は改善できる可能性があります。姿勢や背骨の動きを良くする事によって頚椎症が軽くなったり無くなる人も大勢いらっしゃいます。

 

 

これを読んでいる方も決して諦めないで下さい。MRIやレントゲンの結果=症状ではありません。頚椎の変形や頚椎ヘルニアにまで症状が進行している人であっても症状が出ずに普通に元気に生活されている人が沢山いる事を知って欲しいです。

 

 

徳永英光先生は正しい運動療法で頚椎ヘルニアなど頚椎症は症状が出ないように体の管理をすることが可能と言います。頚椎の手術が必要にならないように症状の進行を止める事も出来ると言われています。ぜひ諦めずに姿勢を改善して頚椎治療を実行して欲しいと思います。

 

 

 

 

 

>>おすすめのストレートネック治療DVDはこちら<<