ストレートネックの原因

ストレートネックの原因

ストレートネックの原因について一般的な見解を書きます。まず人は誰でも日常生活において、自然に下を向いたりする事はしょっちゅうあるのではないでしょうか。勉強や仕事など体が低い位置にある時や、携帯をみたり、パソコンを使っている時などごく当たり前に生活上行われていますので、下を向く行為に対してとくに抵抗を感じることはありません。

 

 

ところが、このような下を向く行為によって実は少しずつ首の角度が下がってきてしまいます。下を向いている時間が長いほど、首や肩など上半身全体の筋肉が下を向く姿勢を維持しようと覚えてしまいますので、下を向いたまま動かさなければそのまま固定されてしまい、頚椎症やストレートネックなどの頚椎に関する症状が出てきてしまいますのでストレートネックの原因になりえます。

 

 

他にもストレートネックの原因としては、猫背の人やムチウチを1回やった事がある人などがストレートネックになりやすいそうです。原因を知るためにまずはストレートネックの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

ストレートネックの症状にはまず、頭を上方向や後方に向けるときつく感じる、頭痛にしょっちゅう悩まされる、首痛、肩痛、めまい、吐き気、手のしびれなどの症状が現れることがあります。この原因としては頚椎の筋肉がこり固まってしまうと、体の老廃物が溜りますのでどんどん血流が悪くなります。これがストレートネックの原因になります。

 

 

血流の悪化というストレートネックの原因によって体内の老廃物が体外へ排出されることが出来ないという悪い体内環境になってしまっている場合は、体を温めてよくほぐして柔らかくすることが重症です。ストレートネックの人なら首をゆっくり回転させたり、上下左右を自分で出来る範囲内で動かしてみるといった事から始めて少しずつストレートネックの原因を除去していくといいでしょう。

 

 

 

 

 

>>おすすめのストレートネック治療DVDはこちら<<